Pairs(ペアーズ)の口コミ評判|料金やオススメの使い方を徹底調査!

ペアーズでナース(看護師)と出会うためのアプローチ方法と注意点を解説!

ペアーズでナース(看護師)と出会うためのアプローチ方法と注意点を解説!

男性に人気が高く、一度は付き合いたいと思ってしまう人も珍しくないのがナース(看護師)です。

専門職で仕事に困らないという面でも人気があり、ペアーズでもできればナースと出会いたいという男性は多いのです。

しかし、実際にナースと付き合いたいのであれば、知っておかなければならないことがたくさんあります。

特にナースは仕事で忙しいケースが多く、夜勤などの関係で連絡やデートも不定期になるなどコミュニケーションが難しい面があるからです。

事前の知識があるかどうかで、出会いに繋がる可能性が大きく変わるのです。

女性側もナースであることを隠さないことが多いため探すことは比較的簡単ですが、前提をわすれて失敗する男性は多いのです。

ペアーズでナース(看護師)と出会うためのアプローチ方法

ペアーズでナース(看護師)と出会うためのアプローチ方法

ナース(看護師)と出会うために重要になるのが、相手が忙しいという点です。

アプローチをする場合は好意を明確にすることが大切で、好きだと思った場合は好きと言わないと次のチャンスがいつ来るかわからないのです。

焦りは禁物ですが、自分ではっきりとできるところははっきりとさせてわかりやすくした方がデートや告白の成功率があがります。

雰囲気で伝わるだろうと思っているとよりはっきりとアプローチするライバルにとられることがあるため、早めに意思表示することが大切です。

忙しいからこそ早めに好意をしめさないと次に繋がらない

ナースは忙しいことが多く、その分恋愛に飢えてペアーズを利用するケースが多くなります。

合コンなどに作事感がないからこそマッチングサイトを利用しているため、相手が忙しいことを前提にアプローチをする意識が大切になります。

たとえば、男性側は趣味などで興味を持った場合は趣味を褒める、プロフィール写真などが気になった場合は容姿を褒めるなど褒めることを主体に動く必要があります。
これは褒めないと好意を持っていることが伝わらないからです。

どこが気になって、どういったやりとりがしたいかを早めに伝える必要があり、自分から好意をしめさないと次に繋がらない可能性があるのです。

行動で伝えるタイプが不利になりやすいことを踏まえ、まずは言葉で伝えることを優先して早め早めに次のチャンスを作ることが大切になります。

出会いに飢えているナースが多くても、自分が合える範囲や理想の条件に近い女性が次に出会えるかわからないのもポイントです。

数をうつスタイルが使いづらいため、褒め言葉や好きという言葉を積極的に使った方がいいのです。

告白を焦り過ぎないように調整するバランス感覚が重要になる

ナースとの出会いはアプローチのスピードが重要になります。

しかし、焦りすぎてデートも重ねずに付き合ってくださいといっても相手が困る可能性が高くなります。

いかに距離感を調整していくかが大切です。

もちろん、フィーリングがあい、すぐに告白が成功しそうな場合は告白して問題がありません。

ポイントになるのが相手との距離感が読みづらい場合です。

ペアーズは恋愛や結婚に真剣な層が使う傾向があり、プロフィールの情報も充実させることが多いのがポイントです。

恋愛観や結婚観からどの程度真剣に出会いを求めているかを読み取り、実際に聞いてからの方が失敗しにくくなるのです。

どんなデートががしたいのか、どういった恋愛をしたいのか理想を聞いてみるのも方法です。

それにあわせたデートプランを用意したり、距離感を調整できるようであればそれだけ信頼されやすくなります。

すぐに結婚を目指すような情熱的な恋愛求める人も、少しずつ信頼を積み重ねるのが好きなタイプもいるため、聞きながら調整するのが早道なのです。

自分が柔軟に立ち回れるかも大切になってくる

相手が忙しい職業の場合は、自分が時間を調整できるのか、柔軟に立ち回れるのかは大きなポイントになってきます。

自分の都合を優先してしまうと相手の負担が増し、デートなども続けられなくなる可能性があるのです。

有給などを使っていかにデートの時間を確保できるかは大切で、プライベートを優先して行動できる男性ほど魅力的に見える可能性が高まるのです。

特にナースは自立志向が強い女性が多く、結婚しても共働きできる相手を求める人の割合も高くなります。

自分から譲れる男性は好印象になることが多いため、デートスポットや時間の都合を相手に合わせるとプラスになるのです。

ペアーズでナース(看護師)にアプローチする際の注意点

ペアーズでナース(看護師)にアプローチする際の注意点

ナースへのアプローチで気をつけたいのが、プライドが高い女性が混ざることと、働く場所で勤務形態が大きく変わるということです。

看護師は専門職になるため、資格取得のために努力したというプライドが高い女性も混ざりやすくなります。

家庭に専念して欲しい、養いたいという女性にとって魅力的に思える言葉がマイナス印象になる場合があるのです。

また、日勤専門で夜勤がない職場なのか、夜勤がある病棟勤務なのかで勤務形態が大きく変わるのもポイントです。

相手の仕事の忙しさなどを把握し、無理をさせない距離感を保つことも大切になります。

仕事にプライドを持っている女性が多いため言葉には注意が必要

看護師は自分の仕事にプライドを持っている人が多く、安易に休んだり、仕事を辞めるように言ってしまうとケンカになりかねない点に注意です。

命を預かる仕事として誇りを持っている女性も珍しくなく、デートのために休んでなどと言うとその後に影響する場合があるのです。

相手が仕事を辞めたがっている、働くのを面倒に思っているなどの感情がわかれば話は別ですが、職業感がわかるまでは触れないことも大切になります。

地雷を避けたいのであれば、なぜ看護師になったのかを聞いてみるのがおすすめになります。

職業に憧れがあったのか、手に職をつけるためなのか、理由は人によって違うからです。

お金がメインで仕事に関する熱意がないなら専業主婦にならないかといった口説き文句もありですが、使命感がある場合は逆効果になります。

相手の仕事感を優先し、譲れるかどうかは特に重要なポイントになります。

結婚した場合のキャリア感なども聞いておくとプラスになる

仕事のプライドと関わる部分になりますが、結婚した場合のキャリア感なども聞いておくことが大切になります。

ペアーズを利用するナースは結婚願望が強い人も多くなります。

結婚願望があるとなると結婚した後の働き方なども意識していることが多く、人生設計がしっかりしている場合も増えるのです。

お互いの結婚観が合わないのに付き合おうとしても失敗すると考える女性もいるため、ある程度親しくなったらチェックしておきたいポイントになってきます。

プライドが高い女性であればキャリアプランの変更自体が難しいと考えるため、自分の要望とあわないと摩擦や衝突がおきやすくなるのです。

お互いに稼いで家事は人に依頼して頼むなど妥協案を考えられるかも大切で、家事と仕事のバランスを考えられない男性は論外になってしまうケースも多いのです。

看護師は勤務形態によって忙しさは大きく変わる

看護師は忙しい人が多いのは、それだけ人手が足りない病院が多いからです。

特に夜勤なども含めた病棟勤務は人が手薄になりがちで、その分給料が良いなどの付加価値もでてきます。

生活のためだけでなく奨学金の返済のために夜勤がある病院を選ぶ女性も珍しくないため、それだけ忙しい看護師が目立つことになるのです。

ただし、個人が経営する病院などで夜勤がない場合や、眼科の専門など日勤中心の看護師もいます。

相手によって勤務形態や職場環境が変わることに理解が必要で、忙しい相手ほど相手の都合を優先する意識が大切なのです。

自分が仕事が忙しく、休みをとることも難しいのであれば日勤専門の看護師を探すなど住み分けるのも方法です。

どちらも忙しく予定を譲れない場合はデートもままならないことに注意が必要です。

連絡の頻度なども気を使う必要があり、すぐにメールの返事が来ないと不安になるタイプの男性は不向きな場合もでてきます。