Pairs(ペアーズ)の口コミ評判|料金やオススメの使い方を徹底調査!

友達作りの目的で利用するのはOK?注意するべき点を解説!

友達作りの目的で利用するのはOK?注意するべき点を解説!

ペアーズを友達作りのために利用するのはOKなのでしょうか?

本来の利用目的を調べながら判断していきましょう。

具体的にどんな要素から見極めていけばよいのかを説明していきます。

さらに、もしも友達作りのために利用するのが可能であれば、どんな点に注意する必要があるのでしょうか?

不必要にトラブルになることは避けたいので、注意点があるならそれはしっかりと守っていきましょう。

具体的な注意点を説明していきますので、トラブルを避けて楽しみましょう。

ペアーズを友達作りの目的で利用するのはOK?

ペアーズを友達作りの目的で利用するのはOK?

ペアーズを友達作りの目的で利用するのはOKなのでしょうか?

完全に友達作りなのか、まずは友達を作って恋愛をしていく可能性があるのかということで大きく異なります。

基本的にこのマッチングアプリがどのような目的で運営されているかということを考えれば、友達作りを目的として利用するのがOKなのかを判断できます。

グレーの部分ですから、最終的には自分でいくつかの要素を考慮して決めなければいけません。

考えるべき要素について具体的に説明していきます。

ペアーズは恋活のためのマッチングアプリである

まず最初に覚えておかなければいけないのは、ペアーズがどのような目的で運営されているかということです。

マッチングアプリということは、利用している異性は恋愛が出来る相手を探しているということになりますし、運営会社もそのために色々なサポートやツールを用意しているのです。

このことを考えてみると友達作りを目的として利用するのが絶対にダメだというわけではありませんが、たとえ友達になって仲良くなっても、絶対に恋愛はしないと決めているのであれば話は別です。

そのような人はこのマッチングアプリの運営目的とそぐわないので、利用している人を傷つけてしまう可能性があります。

友達作りがメインになったとしても問題ありませんが、100%恋愛には発展させないと決めているのであれば、初めから利用しないのが良いです。

相手を傷つけないということもありますし、自分も余計なトラブルに巻き込まれないで済みます。

すでに恋人がいて、現在の恋人以外の人とは恋をしないという決意が固くて、ただ単に遊べる友達を作りたいという人などは、このマッチングアプリを利用することはお勧めできません。

友達作りをして恋愛になる可能性があるならOK

ケースバイケースですが、基本的にはマッチングアプリなので恋人を作ることを目的として利用するのが望ましいです。

しかし、いきなり恋愛に発展するのは怖いのでまずは友達作りをメインにしているということであれば問題ありません。

最初は友達として付き合いながら、後に段々と恋愛に発展していくというケースはたくさんありますから、最初は友達作りを目的として利用するというのはOKなのです。

過去に恋愛で傷ついて、すぐに恋愛関係になることに慎重になっているなどの理由であれば、まずはペアーズで友達になってくれる人を探して、本当に信頼できる人なのかを見極めていくという方法が向いています。

結果として友達として終わってしまったとしても問題ありません。

友達になったものの、この人は恋愛対象ではないという出会いが続いて、結局はペアーズで友達しか作れなかったという結果になっても、最初の利用動機が正しいわけですから、仕方ないことです。

つまり、友達探しを目的にこのマッチングアプリを利用したとしても、いつか恋愛に発展する可能性があり、そのことを目標にして友達作りをしているのであれば何も問題ないということです。

じっくりと時間をかけて交際相手を見つけているということになりますので、恋愛を全くする気がないのにペアーズを利用している人とは種類が異なるのです。

ただし、相手によってはすぐに恋愛に発展すると考えてこのマッチングアプリを利用している場合もありますから、友達で終わってしまったときに余計なトラブルにならないように、いくつかの注意点は守っておくと良いです。

自分を守るためにも、相手の気持ちを守るためにも、まずは友達から始めたいという人は特に注意しなければならない点があります。

ペアーズで友達作りをする際に注意するべき点

ペアーズで友達作りをする際に注意するべき点

ベアーズでいきなり恋愛には発展させたくないために、まずは友達を探したいという場合はどんな点に注意をすればよいのでしょうか?

自分と相手とのギャップが存在するということを意識するのがポイントです。

自分はまず友達からスタートしたいと思っていても、相手は必ずしもそれを理解してくれるとは限りません。

自分は恋愛に慎重なタイプだったとしても、必ずしも相手もそういうタイプだとは限りませんので、いくつかの注意点をしっかり守って、友達探しをしましょう。

プロフィールで絶対に嘘をつかない

自分に注目を集めて友達を作りたいために、友達作りが目的なのにすぐに恋人を募集しているようなプロフィールを書くのは避けましょう。

それはマッチングアプリを使うときのエチケットに反していますし、利用している人たちの気持ちを弄んでいることになります。

相手は、自分とすぐに恋愛関係になりたいと思ってアプローチしてくる可能性があるので、プロフィールではっきりと友達から始めたいということを書いておくことが大切です。

いろいろな人が利用していますので、あとでトラブルにならないように誤解を生むような表現を避けるのは重要です。

友達作りだけが目的ですと書くのも間違っていますが、友達から少しずつ仲良くなっていきたいというニュアンスが伝えわる文章を必ず添えておきましょう。

そうすることで、恋愛にそこまで焦っていない相手とまずは友達から始めることができるのです。

ゆっくりと趣味の話をしたり、仕事の話をしながら気が合う人なのかどうかを見極めていくことができます。

友達になって気があったら交際に発展するということを最初から条件として挙げているわけですから、もしも友達で終わったとしても、相手を裏切ったことにはなりません。

マッチングアプリを悪用していることにもなりませんので、プロフィールに嘘偽りを書かないで、自分の付き合っていきたいペースをはっきりとわかりやすく書いておくということが重要な注意点です。

同じような価値感を持っている人は必ずいるので、相手は見つかります。

友達からじっくりと始めた方がゴールインできる可能性も高くなるので、プロフィール欄で自分の希望をはっきりと書いておきましょう。

基本的にはすぐに恋人を見つけたい人が利用している

自分の条件を読んでアプローチしてくる人は、友達から始めて恋人候補を見極めていきたいという考えを持っているはずですが、利用しているほとんどの人はすぐに恋人を見つけたいという願望も心のどこかには持っていることも覚えておきましょう。

ですから、ペアーズで自分の気持ちを話して友達から始めたとしても、相手が必ずしも自分のペースに合わせてくれるわけではないということも忘れてはいけません。

一度プロフィール欄で説明したからそれで良いというのではなく、友達としてやりとりを続けている間にも、自分の目的やペースについてしっかりと何度も話しましょう。

特に、相手が少し急いで来たと感じたなら注意が必要で、自分はまだその気になれないことや、もう少し時間が欲しいということをはっきりと伝えましょう。

もちろんマナーとして、友達として終わらせる可能性があるのに相手を独り占めしておきながら、時間を稼ぐというのはよくありません。

もしも恋には発展しないという結論に達した時に、相手からかなりの恨みを買うことになりますし、それがトラブルの原因になりますので注意しましょう。

友達からスタートしたいということを相手が了承したとしても、相手とのペースが違う可能性があることを常に意識して友達関係を進めていきましょう。