Pairs(ペアーズ)の口コミ評判|料金やオススメの使い方を徹底調査!

ペアーズで告白をするタイミングはいつが良い?告白を成功させるコツ

ペアーズで告白をするタイミングはいつが良い?告白を成功させるコツ

ペアーズで告白をするタイミングとはいつが良いのでしょうか。

アプリで出会ったからといって特別なことをする必要はなく、通常の恋愛の段階を踏んだ方がよいこともあります。

また、告白を成功させるコツなどはあるのでしょうか。

アプリでの出会いでも告白をして、できれば失敗もしたくないものです。

方法を間違えて不信感を抱かせてしまったり、相手に嫌われてしまうことがないように気を付けたほうが良いです。

告白のタイミングは慎重に見測ることも大切となります。

ペアーズで告白をするタイミングはいつが良い?

ペアーズで告白をするタイミングはいつが良い?

ペアーズで告白するタイミングとはいつならよいのでしょうか。

いつならOKをもらえる確率が高くなるのでしょうか。

タイミングは見失わないようにしたいものです。

実際に会ってからすぐ

ペアーズで告白するタイミングとして、実際に会ってからすぐというタイミングでもよいです。

これはペアーズの中や直接のやり取りの中で、相手の性格などを知っていることも多く、場合によっては長期間連絡をしていることもあり、時間を割とかけていることもあるからです。

そのため相手の内面や性格はあらかじめ理解していますので、実際に会ってからすぐ告白するのは、外見が気に入ったという意味にもなります。

性格面はメールの中で判断できるのですが、外見はやはり会ってみて初めてわかる部分でもあります。

メールで気になるから会うことになったので、外見がクリアできればすぐに意気投合することもあります。

いわゆるひとめぼれの状態にも近いですが、以前からやり取りしていますので、中身も理解している告白となります。

3回目のデートのあと

通常出会ってから付き合うまで、恋愛のステップを踏むのなら、3回目のデートでなんらかの変化が訪れることが多いです。

ここで告白というイベントを持ってきてもよくなります。

1回目のデートでは顔見知りになり、2回目のデートで相手のことをよく知ることになり、3回目のデートで付き合えるかどうか判断する流れは、恋愛においてごく一般的な流れでもあります。

3回誘ってデートしてくれるのなら、相手も嫌だと思っていない証拠となりますし、嫌なら以前に関係が切れてしまっていることがほとんどです。

この辺で付き合う付き合わないの話をしておかないと、タイミングを逃してしまったり、ダラダラしていたら友達の関係を維持してしまったということもあり得ます。

ある程度モーションを掛けることで関係を動かすチャンスにもなりますし、恋愛のステップを踏むにはちょうど良い期間です。

アプリでの出会いも通常の出会いと変わらないようにふるまうことで、より恋愛の形に近づいていくようになり、恋愛関係を育みやすくなるといえます。

相手に信用してもらってから

アプリでの出会いは、相手の背景を何も知らないこともあり、警戒心が強い人は、自分のことを話そうとはしませんし相手の出方をうかがうことをします。

このような態度が見られるようなら、相手が自分を信用していないことにもつながり、なかなか関係は発展しません。

ですから、ある程度相手に信用してもらってからの方が、告白でOKをもらいやすくなると考えられます。

既婚者かどうか疑われないためにも自宅を教えてあげたり、免許証で住所を確定させたり、会社の名刺を渡したりなど、まず自分の身元をしっかりさせてからの方が良いかもしれません。

そのうえでデートを繰り返していけば相手を信頼できるようになりますし、しっかりした相手だとわかってもらえることとなります。

同時に身体の関係の目的だけなのかもしれないと不信感を持たれることもあります。

相手に信用してもらうためには、逃げられないような身元の証明や、ある程度の時間をかけることで相手の信頼を得ることができます。

強引に行き過ぎてしまうと嫌われてしまうこともありますので、しっかり相手の様子を見ておくことも大切です。

今じゃない、と感じたら少し様子を見ることで関係性が変わることもあります。

ペアーズでの告白を成功させるためのコツ

ペアーズでの告白を成功させるためのコツ

ペアーズで告白を成功させるためにはどのようなことに気をつければよいのでしょうか。

いくらやりとりをしているからと言って、必ずしもOKしてくれるわけでもなく、その判断には気を付けておきたいところです。

成功させるためのコツなどはあるのでしょうか。

アプリで出会ったからと言って不信感を抱かせない

まず最初の出会い方がアプリになってしまうと、他にも自分以外に相手がいるのではないか、と不安になることがあります。

また不信感が募ってくると、相手の話していることはすべて嘘なのではないか、と思わせてしまうこともあります。

たとえば相手に自分だけだと証明させるためには、相手に告白するときにアプリを脱会するなどの処置をとってもよいです。

他に出会いを探していないことや、アプリ内でやりとりしている人はすべて切れることになります。

このことによって自分しか相手がいない、ということは伝わりやすくなります。

また話していることに信憑性を持たせるために、普段から言動と行動を一致させることを意識した方が良いです。

約束や連絡、デートの行き先など言ったことはすべて実際におこなうことで、言葉の信ぴょう性が保てるようになります。

通常の出会いと一番違うところは、相手の背景を何も知らないことです。

背景が例えば会社や友人関係なら、それが変な行動を起こさない歯止めになることもありますし、相手のことをしらないことは同時に危険という考えになります。

口だけになってしまったり、嘘をついたりすることはかなりのマイナス点です。

いかに自分のことを信頼して、信用してもらえるかは告白の前にしておきたいことの一つです。

通常の恋愛のようなステップを踏む

アプリで出会ったからといって、それにこだわることはなく出会ってからは通常の恋愛のようにふるまうことで関係が安定することがあります。

アプリがかかわるからといって何か方法を変えてしまうと、余計に警戒心を強めることとなります。

人によってはアプリで出会ったことに後ろめたい気持ちを持つこともあり、それはできるだけ通常にふるまうことも大切です。

告白するのなら、一般的に3回目のデートの後や、何度も繰り返しデートして双方が理解できるようになったらなど、告白しても構いません。

変に遠慮したり、謙遜しすぎて先に進まないように、段階を踏みながら告白に向けて動いたほうがOKをもらえる可能性は高くなります。

実際に会ってからも積極的に連絡をとる

一度アプリをやめて直接連絡をとることになると、連絡の頻度がかなり減ってしまって不安感を抱くことがあります。

会うことが最初のゴールでもありますので、目的を達成したテンションから連絡の頻度が減ってしまったということは考えられますが、連絡が減ることを不安に感じる人も多いです。

出会ってから告白まで、告白から返事をもらうまでも一定した連絡の回数や頻度を守り、相手のテンションを維持していくことで告白は成功しやすいと考えられます。

相手がいつも態度を変えないことや、返事をよくくれることで安心感につながり、付き合ってからも変わらないことが想定されて、OKしたいという感情の流れとなります。

連絡の頻度は付き合ってから問題になることが多く、できれば回数や頻度はこれからもずっと変わらないで維持していくことが、関係を壊れさせない工夫につながります。

すぐに連絡を減らすことはやめたほうが良いです。