Pairs(ペアーズ)の口コミ評判|料金やオススメの使い方を徹底調査!

ペアーズで客室乗務員(CA)と出会うためのアプローチ方法と注意点を解説!

ペアーズで客室乗務員(CA)と出会うためのアプローチ方法と注意点を解説!

かわいい人や美人が多いと言われる客室乗務員の女性たち。

客室乗務員の方とお付き合いしたいと願っている男性も多いのではないでしょうか。

たくさんの女性と出会えるペアーズでは、そのような職業の方と出会えるチャンスも存在します。

とはいえ、手当たり次第にアタックし続けていては、チャンスを逃してしまうこともあるでしょう。

そこで今回は、客室乗務員の方とうまく出会えるヒントをお伝えします!

その際に注意しておきたい点も、あわせてチェックしておきましょう。

ペアーズで客室乗務員(CA)と出会うためのアプローチ方法

ペアーズで客室乗務員(CA)と出会うためのアプローチ方法

「客室乗務員の女性へのアプローチは難しい」「よほどスペックの高い男性でないと相手にされない」と思っている人も多いはず。

しかし、アプローチの基本を押さえておけば、出会う確率をしっかりとアップさせることが可能です。

ごく普通のスペックの男性でも、やり方次第では相手の興味を引くことができます。

女性にあまり慣れていない方でも実現可能な、客室乗務員へのアプローチ方法をチェックしていきましょう。

自分に自信をもつ

相手の客室乗務員だと意識しすぎると、「羨ましいなぁ」「僕は普通のサラリーマンだから」と言うようなセリフが飛び出してしまいがち。

褒めているつもりかもしれませんが、相手にとっては「自分に自信のない人なんだな」「そんなこと言われると、フォローしないといけないような気分になる」と感じてしまいます。

仕事をバリバリとこなしている客室乗務員の女性は、自分と同じように仕事を前向きに捉えている人に好意を持ちやすい傾向があります。

相手の仕事や能力をうまく褒めた上で、自分のこともしっかりとアピールしていきましょう。

相手に自慢するようなスキルを持っていない方は、今後の目指しているビジョンや将来の夢を伝えるだけで充分です。

男らしさや前向きな姿勢を感じてもらえると、「この人と会って喋ってみたい」「この人となら良い方向に進んでいきそう」と思ってもらえるはずですよ。

共通点を見つける

客室乗務員と一般的な男性との共通点は、そこまで多くないのが現実かもしれません。

しかし、探してみれば「飛行機が好き」「出張が多く飛行機をよく利用する」というような接点があるのではないでしょうか。

業務内容に直接関わることがない話題でも、相手の興味を惹きつけるものならどんどん積極的に出していきましょう。

あなたに対して興味を持っている、あなたの仕事に対して良い印象を持っていると感じてもらえます。

ポイントは、「共通の話題を全て話しきってしまった」と思わせないことです。

「まだまだ話したりない」「もっとこの人と話してみたい」と思わせる位のところで話を聞いてあげておきましょう。

相手の「会ってみたい」という気持ちを膨らませることができますよ。

ペアーズにはコミュニティ機能があるので、共通点を見つけるのは比較的楽だと思います。

愚痴を聞く

客室乗務員という仕事は華やかなイメージがありますが、体力的にも精神的にも大変な部分が存在します。

「誰かにこの大変さをわかってほしい」「愚痴を聞いてほしい」と思っている女性も少なくありません。

そこで、相手の口をうまく引き出し、聞き役に徹底しましょう。

最初から「大変そうだね」「何か聞いて欲しい事はない?」と質問するのではなく、「でも長時間立っている仕事は体力的に厳しそうだね」「仕事は楽しそうだけど、人間関係はうまくいってるの?」など、できるだけ具体的な問いかけがおすすめです。

相手も、抽象的な筆問より答えやすいと感じてくれるでしょう。

相手が愚痴を言い始めたら、否定をすることなく励ましたり賛同するように意識していきます。

もし「最近仕事が大変だから、誰かと出会おうと思えない」とマイナス思考になっている女性でも、「この人ならむしろ仕事の疲れを癒してくれるかも」「この大変さを理解してもらえるかも」と思ってもらえるはず。

もちろん、実際に会った時もしっかりと相手の話を聞いてあげるように意識しておいてくださいね。

こうすることで、何度も引き続き会ってもらえる可能性を高めることができます。

ペアーズで客室乗務員(CA)にアプローチする際の注意点

ペアーズで客室乗務員(CA)にアプローチする際の注意点

客室乗務員という職業は、とても魅力的で男性からの人気が高い特徴があります。

つまり、それほどライバルが多いとも言えますよね。

他の人と同じような対応では、相手にされない可能性が高いです。

せっかくやりとりができても、出会えずに終わってしまうリスクも。

そこで、以下のような項目を抑え、相手の心をしっかりとつかんでいきましょう。

職業について話し過ぎない

相手の女性にとって、「客室乗務員だからアタックしてきた」と言うのはあまり良い印象を持ちません。

最初のやり取りの段階で「客室乗務員なんだよね」「どんな制服なんですか?どこの航空会社なんですか?」と食い気味で迫っていくと、嫌気がさしてしまうかも。

特に外見の事や制服など、男性の好みをチェックするような質問は控えておきましょう。

いやらしさを感じたり、下心が丸見えだと思われてしまいます。

「すごいね」「かっこいいね」と当たり障りのない褒め言葉を添えた後は、ネチネチと攻めずにしておきましょう。

もしくは、「小さい頃の夢だったんですか?」というような下心を感じさせない質問がお勧めです。

内面重視であると匂わす

話がある程度進んでいくと、お互いの異性のタイプや理想的な付き合い方の話題になることもあるでしょう。

そこで気をつけておきたいのが、「客室乗務員の人が良い」とストレートに伝えないことです。

確かに相手の女性にとって「あなたのことがタイプです」と伝える良いチャンスではありますが、「それなら客室乗務員の人なら誰でもいいのか」と思われてしまうでしょう。

ここでお勧めの表現としては「女性が真面目な表情で働いている姿を見るのが好きです」「バリバリと働いている女性はかっこいいと感じる」と言うような表現です。

あくまでも仕事に対する姿勢や努力など内面を重視ていると思わせつつ、「私のことだ」と感じてもらえるでしょう。

また、結婚した後も仕事を続けたいと考えている人が多いため、「結婚したら家庭に入ってほしい」「俺が養っていきたい」と強制させるような言葉も控えておくと安心です。

相手の意思を尊重する、相手が働きたいと言ったら反対はしない、というような伝え方もいいですね。

出会いまで焦らない

だんだん良い雰囲氣になっていくと、「早く会ってみたい」と焦る気持ちが膨らんでしまいがち。

しかし、そこで「今週中ならいつ会えますか」「次の休みはいつですか」というような誘い方は、できるだけ避けておきましょう。

客室乗務員という仕事は非常に忙しく、ハードなので休みは家でのんびりとしたいケースも珍しくありません。

海外先で勤務している場合、休みがあったとしても時差ぼけであまり動けない、しっかりと体力を回復させておきたいと考えている人もたくさんいます。

それにもかかわらず、積極的に「会いたい」と迫られると、相手のことが厄介に感じてしまいます。

せっかく良い流れだったのに、会いたいと伝えた瞬間に連絡が来なくなった…という事態に陥ってしまう可能性も。

そこで、「もし都合が良い日があれば、教えてくださいね」「こちらはできるだけ調整するので、機会があれば会えると嬉しいです」と言うような伝え方をしておきましょう。

ポイントは、会いたい気持ちを伝えつつ、強引さを感じさせないことです。

相手の状況を踏まえつつ、こちらは柔軟に対処するという姿勢をアピールしておきましょう。