Pairs(ペアーズ)の口コミ評判|料金やオススメの使い方を徹底調査!

男性がPairs(ペアーズ)で年収を未記入にするメリットとデメリット

男性がPairs(ペアーズ)で年収を未記入にするメリットとデメリット

マッチングアプリのペアーズを男性が利用した場合、プロフィールの年収を記入するか未記入にするかは悩むところですよね。

そもそも安定した公務員でもでなければ、年収は毎年変動します。

またパートナー探しにおいて年収ばかりチェックされるのはどうなのか、そんな疑問もわいてきてしまいます。

ですが、ペアーズのプロフィールに年収の項目がある以上、記入するかどうかを決めないといけないですよね。

そこで年収を未記入にすることのメリット、あるいはデメリットとは何なのかを解説していきます。年収を未記入にすることは、メリットもあればデメリットもあります。

年収を未記入にするメリットとは?

年収を未記入にするメリットとは?

年収をあえて書かないでおくメリットは、いったいどんなことがあるのか気になりますよね。

そもそも恋人探しをするのに男性が年収を公開する必要性があるのか、男性なら誰でも疑問に思ってしまうかもしれません。

それなら年収をわざわざ記入しないで、職業だけ記入しておけば十分に思えてきます。

男性の判断基準が年収だけというのではさびし過ぎますし、それだとあまりにドライな恋人探しになってしまいます。

こちらでは、主なメリットを2点あげたいと思います。

あからさまに年収目的の女性を避けられる

たとえ実際の年収が高くて年収を記入して問題ない場合でも、記入することが必ずしもプラスになるとは限らないですよね。

年収を記入したことにより、年収でしか男性を判断しない女性から「いいね」されてしまうかもしれません。年収は間違いなく男性のステータスの一部ですから、本来なら高年収は誇るべき点です。

ですが、年収を記入したばかりに年収目当ての女性だけにアプローチされたのでは、男性の場合ちょっと困りますよね。

年収目的で男性を探す女性の気持ちもわからないではないですが、それがあまりにも露骨だと男性側の利点があまりないです。

未記入なら、そんな女性を避けられるメリットがありますよね。

年収があまり高くない場合にあえて未記入

年齢と平均年収を照らし合わせてみて自分の年収があまり高くない場合は、年収を記入しても女性にいい印象を与えられませんよね。

低い年収を記入しても単に「低年収の男性なんだ」と思われてしまうのが関の山です。

それでも関係なくアプローチしてきてくれる女性ならいいですが、低年収であることが原因で変なイメージをもたれてしまうのはいいことではありません。

そのように低年収を正直に記入したことでマイナスイメージを持たれてしまうぐらいなら、年収が低い場合はあえて未記入にする考え方もあります。

年収を未記入にすることが、悪いということはありません。特に年収を公開したくない場合は、未記入にするのもありです。

年収を未記入にするデメリットについて

年収を未記入にするデメリットについて

ペアーズには年収を記入する項目があるのにそれを未記入にしているとなれば、メリットばかりではなくデメリットもやはりあります。

年収を未記入にすることが、女性との出会いを減らしてしまうかもしれません。

それなら年収でいろいろと判断されてしまうとしても、年収はとりあえず記入しておいたほうがいいですよね。

年収は一般的にあくまで参考程度のファクターかもしれませんが、女性によっては年収最優先で男性を探している場合もあります。

最初から年収ではじかれてしまったのでは、出会いも何もありませんよね。年収を未記入にしておいたせいで出会いが減ってしまっている、それは避けないといけません。

年収が未記入では検索で探してもらえない

年収を未記入にする一番のデメリットは、未記入にすることで女性から探してもらえず、結果的に「いいね」もつかないことです。

年収を記入していれば「いいね」がもらえる、すんなりマッチングできるというものでもないですが、年収未記入ではさらに確率が下がってしまいますよね。

年収未記入でも、女性と絶対にマッチングできないわけではありませんが、可能性が低くなってしまうことは否めません。

もしも、年齢と年収の平均からみて大きく下回らないようであれば、とりあえず年収を記入しておくのが無難です。

未記入にすることが女性にとって無条件でマイナスに作用することもありますので、そこは未記入のデメリットですね。

年収を未記入にすることで女性に不信感を持たれてしまう

もしも職業は記入しているのに年収は未記入となったら、女性から不信感を持たれてしまいやすいですよね。

なぜ年収が未記入なのか、女性からいろいろと勘繰られてしまいかねません。たとえやましいことがまったくなかったとしても、女性に想像させてしまいます。

職業のイメージほど稼いでいないのではないか、かなりの低年収なのではないかなど疑心暗鬼に思われたら、単純に損ですよね。

なんだかんだで女性は男性の年収をしっかりチェックしていることが多いですから、未記入では勝負の土俵にすら上がれない可能性があります。

その点は年収を未記入にすることによる明らかなデメリットですよね。

年収によってペアーズのマッチングの状況は変わる

年収によってPairsのマッチングの状況は変わる

ペアーズは、男性が年収を記入するか未記入にするかでマッチングの状況が変わったりしますよね。

たとえば世間一般で高年収といわれているような男性は、やはり「いいね」をもらいやすい傾向です。

それにイケメンというルックスのよさが加われば、鬼に金棒だといえるかもしれません。

女性は男性を年収だけで判断しているのかと痛感してしまう事実ですが、その事実は受け入れないといけない面があります。

ただし「あからさまにお金目当てでアプローチしてくる女性は遠慮したい」と考える男性もいますよね。

単にたくさんの女性からアプローチされればそれでいい、というものではありません。

年収だけにとらわえない出会いをPairs(ペアーズ)で探すなら年収は未記入

たとえ、「いいね」の数が減ってマッチングの可能性が低くなるとしても、年収だけにとらわえない出会いを探すなら年収を未記入にするのもありです。

年収を未記入にしたことでマッチングしにくくなるかもしれませんが、それでもマッチングできた女性は年収に関係なく付き合っていけますよね。

なまじ高年収だと年収が出会いの足かせになることもありますし、そこがペアーズで年収を未記入にするメリットです。

平均的な年収があって手広く構えたいなら年収を記入

極端に年収が低いわけではなく平均的な年収以上で手広く構えたいなら、年収を記入したほうが無難です。

年収を未記入にすることでマッチングしにくくなるのを避けたいのであれば、年収は記入しておいたほうが変なイメージを持たれませんよね。

年収を記入している男性でさえ思い通りにマッチングできるわけではありませんから、そのような男性は手広く構るために年収を記入するのも考え方の1つです。

今は年収が本当なのかどうかわからない不信感からプロフィールの年収を鵜呑みしない女性もいますが、年収を正直に記入すれば嘘のない付き合いができますよね。