Pairs(ペアーズ)の口コミ評判|料金やオススメの使い方を徹底調査!

ペアーズで当日ドタキャンする可能性の高い女性の特徴と女性の心情

ペアーズで当日ドタキャンする可能性の高い女性の特徴と女性の心情

ペアーズに限らず、出会いを求める男性にとって厄介なのがドタキャンをする女性です。

とんとん拍子に話が進んでも、じっくり口説いてもドタキャンをされると次に会おうという気持ちが削られます。

ドタキャン女性になんども当たってサイトを退会する男性も入るほどで、事前に避けられるかどうかでマッチング率が大きく変わるのです。

当日ドタキャンする可能性が高い女性を知っておくことは大切で、特徴や心情を知った上で行動をするとそれだけリスクを避けられるのです。

ペアーズで当日ドタキャンする可能性の高い女性の特徴

ペアーズで当日ドタキャンする可能性の高い女性の特徴

ペアーズで当日ドタキャンする可能性が高い女性は複数のパターンがあります。

一つが押しに弱すぎるタイプです。

基本的に人のお願いを断るのが苦手なタイプの女性は何かと予定なども詰まりがちで、当日になってパニックになってキャンセルする可能性も増えます。

逆に押しが強過ぎるタイプも注意が必要です。

自分本位な性格のことが多く、気分で予定を変えることも珍しくないからです。

極端な女性ほど当日キャンセルのリスクが増えるため、警戒するか割り切るかが問われるのです。

押しに弱すぎる女性は直前まで断れないことも珍しくない

押しに弱い女性は口説きやすく、扱いやすいと思う男性も多いはずです。

実際にデートにこぎつけるまでが早いケースも、実際にデートに繋がってとんとん拍子で話がすすむ場合もあります。

しかし、押されるとすぐに意見が変わるタイプの弱さは注意が必要で、意見がコロコロ変わるリスクがあるのです。

これは複数の人から頼みごとをされた場合に断ることができないためです。

そのため、職場や家族の頼みごとを断りきれずに当日になってキャンセルする可能性も高くなります。

当日キャンセルになるのは嫌われるのが怖くて言い出せないケースや、冷静になるまで時間がかかるケースも多いからです。

パニックになって連絡なしですっぽかしにあう可能性などもあるため、警戒が必要になります。

もし、それでも狙い続けるのであればそういった性格と向き合えるのか、許せるのかが大切になります。

わがまますぎる女性もリスクが高くなる

押しに弱い女性と逆のパターンで、押しが極端に強い女性も注意が必要です。

これは他人よりも自分の都合を優先する傾向が強く、約束を破ることにも罪悪感を覚えないためです。

より面白いと思ったことがあれば男性よりも友達との遊びを優先したり、他の男性とのダブルブッキングなども日常茶飯事になります。

選べる中で気が向いた選択を選ぶというタイプの女性もいるため振り舞わされないように気を配る必要があります。

特に引っ掛かりやすいのが、女性の都合優先で対応してしまう紳士的なタイプです。

相手の言うことを素直に聞いた結果、衝突が起こらず、わがままが通るため直前まで気がつかないことがあります。

ある程度の意志や意見のすりあわせは大切で、相手の要求を飲むだけではわからないこともあるのです。

デートの日程やデート場所を全て相手任せにするのではなく、自分の都合や譲れる範囲を言うことは大切です。

調整の途中ですぐに連絡がとれなくなったり、感情的になる相手は避けるのが基本です。

お酒が入った時などの連絡は注意が必要

女性によってはアルコールの力を借りないと連絡がとれないなど、連絡のきっかけが必要になる場合もあります。

一方で、アルコールの力をかりてデートの約束などを取り付けると、冷静になった時に不安になる可能性も高くなります。

自分がこうでなければならないなど、自分のルールが多い女性は注意が必要で後から自分のルールを優先する可能性が高くなるのです。

デートに誘ってもNGが多く、何かと決まり事を持ち出す女性は避けるのがおすすめです。

何かのきっかけで連絡しても後で取り消す可能性が高くなります。

当日ドタキャンを避けるためにはNGの理由などを詳細に聞き出し、事前に不安にならないように誘導する必要があります。

デートコースや会う時間などの調整の難易度が高いため、労力の割りに会わないケースも増えるのです。

ペアーズで当日ドタキャンする女性の心情とは?

ペアーズで当日ドタキャンする女性の心情とは?

当日ドタキャンする女性の多くは心苦しいと思っていて、二度三度と繰り返すケースは少ないのがポイントです。

体調などの都合でキャンセル女性もいて、生理痛などが人一倍酷くてキャンセルせざるをえない場合などもあるのです。

しかし、性格的に歪んでいる女性や、病気や障害を抱えた女性は注意が必要になります。

これは判断能力がその時の気分や状態に左右されるからで、反省しない場合や反省した後に急に手の平を返す場合があるからです。

常識が通じない女性がいることを前提に、問題がありそうなら別な女性にアプローチをするなど工夫をすることも大切です。

さまざまな女性がいるからこそ、複数の女性にアプローチしてリスクを分散する男性も多いのです。

常識的な女性はドタキャンを心苦しく思うけど・・・

常識的な女性は当日ドタキャンを心苦しく思い、避けるための努力をします。

それでも避けきれない場合は謝罪のメールなどが入るのが一般的で、埋め合わせに別のデートの提案などがセットになる場合もあります。

特に予測できないのが当日の体調不良です。

生理痛が酷くてデートができる状態を保てない女性もいるだけでなく、いつおきるかわからないのです。

生理の周期などをコントロール手段はないため、怒ってしまうとその時点で縁が切れる場合があります。

相手の常識を疑わないのであれば謝罪を受け入れることや、体調を優先してもらうことは大切になります。

疑えば疑うほど関係が悪化するため許すことも必要なのです。

常識を知らない女性がいることも頭にいれておく必要がある

ペアーズの利用で注意が必要なのは少数派にあたる常識を知らない女性になります。

見た目では判断できないことが多く、結果的にトラブルに発展しやすいのがポイントです。

これは自分の思い込みや自分のルールが常識よりも優先されてしまうためで、違和感を感じた場合は早めに縁を切るのが正解になるのです。

一番問題になるのが、常識的な行動をとるように相手に要求した場合です。

当日キャンセルは人間的に恥ずかしい行為ですが、甘やかされて育った女性や、間違ったモテテクニックを覚えた女性には常識が通用しません。

そのままケンカになることや、二度と連絡が取れなくなるケースが多いのです。

トラブルからありもしないことをでっち上げてデマを流す女性もいます。

ドタキャンして反省がないような女性は早めに縁を切るのが正解で、謝罪などを要求すると逆上する恐れがあるのです。

責任転嫁で男性を責めることもあるため、ストレスを避けるためにも別な女性を当たるのがおすすめです。

その時の気分や状態で優先順が入れ替わる女性も存在する

女性は気分が変わりやすいといわれますが、その時の体調などで判断基準や優先順が大きく変わる女性もいます。

女性の場合に気分が変わりやすいのは生理前で、極端にネガティブになって当日キャンセルの原因になることもあります。

翌日には気分が変わっていることがあるのもポイントで、男性が不可解に思ったり、反発しやすい理由にもなっているのです。

当日キャンセルをしたときと翌日では感情が正反対になっていることもあり、生理痛などのわかりやすさがない分本人にも男性側にも読めないケースがあります。

この場合は何回までなら許せるかと言った、男性側の許容量が問われる部分です。

また、メンタルの病気や軽度の障害などを持った女性も存在し、体調などで感情の触れ幅が大きくなる場合もあります。

障害や病気はペアーズを利用できない理由にならないため、低い確率であっても利用者がいることに理解が必要です。

こちらも男性側の理解が求められる部分になるため、付き合いきれない場合は他の女性にアプローチをする、向き合えるほどの魅力があるなら向き合うなど切り替えが必要です。