Pairs(ペアーズ)の口コミ評判|料金やオススメの使い方を徹底調査!

ペアーズでの映画デートへの誘い方と注意点を解説!

ペアーズでの映画デートへの誘い方と注意点を解説! (1)

ペアーズは人気のマッチングアプリです。

メッセージでやり取りを行ってとても親密になれたら、次のステップにステップアップすることもできます。

その代表的なアクションが映画デートへ誘うということです。

このデートに誘うことができれば、一気に親密度を増すことができます。

そんなペアーズでの映画デートへの誘い方を紹介していきますが、同時に考慮することとして注意点も存在するという点です。

そういった点も含めてお話ししていきます。

ペアーズでの映画デートへの誘い方をご紹介!

ペアーズでの映画デートへの誘い方をご紹介! (1)

ペアーズでの映画デートの誘い方として、前提はメッセージのやり取りである程度親密な関係を作っておくことです。

これを怠って数回程度のメッセージで誘ってしまうと失敗率は一気に上がりますから、誘い方の前提として関係を良くしておき、準備、誘い文句を考える、そしてペアーズのメッセージと電話の併用という方法を用います。

これら3つの誘い方を紹介し、まとめました。

まずは入念に準備をする

映画デート誘う方法として、準備をしておく必要があります。

その準備とは相手の好みを知ること、相手の都合や時期を考えること、ある程度のプランを考えておくことです。

映画を見に行くといっても自分の見たい映画をチョイスするのではなく、相手の好きそうな映画を選ぶことが大切になります。

この好みについてはメッセージでそれとなく聞いてみるのも大切ですが、好みがつかめない場合は場合はアクションやハッピーエンドで終わるもののほうがおすすめですし、口コミなどのでその評判をチェックすることも重要です。

相手の都合を考えた時期も提案できるようにしておきます。

遠方の場合は連休中という形になるかもしれませんし、近い所であれば平日や土曜日などに会える場合も少なくありませんから、そういった点もメッセージでリサーチします。

プランも考えておき、1時間前に集まってお茶をする、見たあと感想を言い合うことができる場面を作るといった簡単な流れを準備しておくのもおすすめです。

誘い文句を相手に伝える

実際に映画デートに誘うのが誘い文句を作り、それをメッセージで伝えることです。

これは難しいことではなく、ストレートに言ってしまっても良い場合が多くあります。

映画見に行きませんか、今見たい映画がありますか、と言ったダイレクトなものでもある程度の関係が築けていれば、誘えます。

映画を見に行きたい、この映画が見たいといってもらえれば、その映画気になっていたんですよ、一緒に行きましょうなどとこちらが言えば素直に誘うことができます。

意外かもしれませんが、ラインなどを交換しているような間柄になっている状態だとこれだけでも誘えてしまうのです。

まだ親密でないけど一発逆転で誘いたい場合は、思い切ってラインなどの交換を提案し、相手のOKをもらったらそのままストレートに誘ってしまうという手もあります。

リスクはありますが、相手に気があれば成功することも少なくありません。

ただ、ライン交換などがなく、メッセージだけでは失敗するので、ある程度の関係を作っておく必要があります。

メッセージ+電話を使う

ペアーズでの誘い文句はシンプルなものでも良いのですが、メッセージに加えて電話で誘ってみるというもの有効です。

メッセージでOKを貰ったら、電話で相談したいということを伝えて実際の通話(ラインなどのメッセンジャーアプリの電話でも可能)で自分の声を伝えておくとより成功率が上がります。

なぜなら声をあらかじめ相手に聞かせることで、ある程度相手に安心感を与えることができ、映画デートへの抵抗も和らげることができるからです。

また、電話して良いかあらかじめ聞いて、OKが出たら初めて電話した時に映画の話題を出します。

興味がありそうだったら一緒に行かないか誘ってみるという方法もありです。

少なくとも誘ってから実際に映画デートで会う前に一回は電話しておくということはとても大切な行動と言えます。

また、この時もあまりに乱暴だったり雑な言い方をしてしまうと急に相手が警戒してしまうので、電話で声を出す際はメッセージのキャラクターを保ちつつ、ある程度丁寧な言葉遣いを用いるのがオススメです。

ペアーズで映画デートへ誘う際の注意点とは?

ペアーズで映画デートへ誘う際の注意点とは? (1)

ラインの交換ができている位親密な関係になっていればペアーズで映画デートに誘うのはそれほど難しいことではありません。

しかし、難しいことではないがゆえに注意点を怠ると映画デートの話題を出した瞬間に関係が悪化するリスクもあります。

そんなペアーズで映画デートへ誘う際の注意点は、焦った行動を取らないこと、メッセージなどのギャップを作らないこと、シチュエーションに気を付けることです。

これら3つの注意点を押さえておくことで映画デートへ誘う成功率は一気に高まります。

焦った行動を取らない

最初に紹介したい注意点が焦った行動を取らないということです。

基本的に映画デートへ誘う状態というのはペアーズでお互いがある程度の親密度になっている状態になります。

この状態とはペアーズ以外の連絡手段を持った状態です。

つまり、ラインや電話番号の交換ができていることになります。

この状態になっていないのにいきなり、映画デートへ誘うアクションを起こしても失敗するので注意が必要です。

特にいきなり誘って、忙しい、予定があるなど短い言葉で断られた場合は、ほぼ確実に関係が悪化したシグナルでもあるので、そういった状況にならないように最低限の親密な関係を作っておきます(ただし、相手がただ断るのではなく、何らかの次につながるアクションをしてくれれば脈はあるので少し期間を置いて誘い直します)。

また、映画デートで一気に親密にはなりませんから、映画を観終わったら感想を言い合う会話程度で終わらせて、早めに解散するということも意識しておくことも重要です。

実際に会った時のギャップを作ってしまう

ネットに慣れている方に陥りがちなのが実際に会った時のギャップを作ってしまうということです。

かなり強気の性格でメッセージを送っていたのに、会って見たらとても弱気だったとか、明るい声で話しそうなイメージのメッセージだったのに電話の声がとても暗い声だったというギャップが主なものになります。

こういったギャップを作ってしまうと、相手はこちらに対してとてもネガティブな感情を持つことも少なくありません。

ギャップというと何となくいいイメージがありますが、映画デートに誘う際はギャップが悪い方に転がることが多いため、誘う前に実際の性格に近づけてコミュニケーションをとる工夫をしておくという点に注意が必要です。

反対に、相手にとってこちらの声や実際の性格がイメージに近ければ、よほど変わった人でない限り映画デートである程度の好意を持ってくれることが期待できます。

また、メッセージだけでいきなり会うことを行わずに必ず電話など文字以外のコミュニケーションをとるということを行ってから誘うという点にも注意です。

誘うシチュエーションに注意する

ペアーズで親密になっても誘うシチュエーションにも注意します。

それは誘い文句と誘う映画の時間帯の2つです。

誘い文句はストレートに言っても問題ないことが多いとお話ししましたが、あくまでも、映画デートの主役は「相手」ですから、映画のチケットをもらったから、見たい映画があるから、1人では行けないからと言った遠回しな言い方は相手を不快にさせてしまいます。

そうなると誘っても断られることが多いですから、相手をないがしろにした誘い方はしないのがベストです。

映画の時間帯も注意するポイントになります。

ジャンル選びも大切なのですが、レイトショーでは決して誘ったり、見たりしないということです。

いくら親密でも深夜まで初めて会う異性と一緒にいるというのは非常に不安を与えます。

また、下心があると思われるという印象も与えてしまうのです。

なので、最初に会う時は電車などの公共交通機関がまだ動いている昼間や遅くとも夕方までには解散できるようなプランで提案することに気を付けておきます。

このように、せっかく親密になってもジャンル以上に誘う時間帯や誘い文句を誤ると今までの努力が消えてしまうことがあるのです。