機種変更する際にペアーズのデータを引き継ぐ方法!知っておくべき注意点

機種変更する際にペアーズのデータを引き継ぐ方法!知っておくべき注意点

機種変更をする際にペアーズのデータを引き継ぐためにはどうすればいいのかと不安になる人が居るかもしれません。

しかし、ペアーズはログインさえすればデータが引き継がれるようになっているため、それほど不安に思わずに引継ぎができるのが特徴です。

アプリをダウンロードをしてログインすればそれだけでいいのです。

ただし、電話番号を使ったログインを行っている場合やOSの変更がある場合は注意が必要です。

データやポイントの引継ぎができない場合があります。

機種変更する際にペアーズのデータを引き継ぐ方法

変更前に知っておくべき注意点

機種変更する前にペアーズのデータを引き継ぐ方法でおすすめなのが、Facebookのアカウントに情報をヒモ付けるなど使い続ける情報とヒモ付けをすることです。

機種変更後も電話番号が変わらないのであれば電話番号とヒモ付けする方法もあります。

会員データ自体はペアーズに保存される仕組みになっているため、OSなどがかわってもデータは引き継ぐことができます。

あとは新しいスマホでペアーズのアプリをダウンロードし、ログインするだけでデータを使い続けることができます。

そのため、特別な何かをしなくても引継ぎができる人も珍しく無いのです。

Facebookや電話番号とヒモ付けして使い続ければ問題ない

ペアーズはログイン時にFacebookや電話番号を求められます。

機種変更後もデータを引き継ぎたい場合はFacebookのログイン情報か電話番号が一致した状態であれば引継ぎが行えます。

新しい機種でログインしようとするとFacebookとの連携を求められるか、SMSによる認証が必要になります。

それぞれの情報を連携、確認すればそのまま使うことができるのです。

どちらか一方の情報だけでログインできるため、電話番号を変える予定があればFacebookを連携させておくのがおすすめです。

ただし、最初の認証でSMSによる認証を行ってしまうとログイン方法を変更できないため注意が必要です。

けたい場合はMNP(ナンバーポータビリティ)で電話番号自体を引き継ぐ必要があります。

会員データはペアーズ本体に保存されている

機種変更してもデータの影響を受けにくいのは、ペアーズの会員データがペアーズ側で保存されているためです。

不正な利用を防ぐために機種変更した場合は新しい端末でのログインチェックが行われますが、面倒な引継ぎなどは不要なのです。

端末に保存されているデータはほとんどないのためわずらわしい操作などもせずにすみます。

ログイン情報さえ一致して入れば問題ないため気軽に機種変更を行っても問題無いのです。

OSがかわってもデータは引継ぎされる

ペアーズの会員情報はペアーズ側で保存しています。そのため、OSが変わっても会員データを引き継ぐことができるようになっています。

OSを乗り換えたからと言って一から情報を作り直す手間はないのです。

アプリの中にはデータの引継ぎができないものもあるため、引継ぎができるのは大きなメリットです。ただし、注意点もあります。

ペアーズは月額課金ができる関係上、課金を停止しておかないと利用停止した方のOSでの支払いが続く可能性があります。

ペアーズは利用するOSごとに支払いができるため、機種変更後に使わない方の支払いは止めておく必要があります。

利用しないOSの有料プランは全て解約しておく必要があります。

ペアーズを退会するのではなく、無料会員のまま会員情報を残すのがポイントになってきます。

新しくポイントなどを追加したい場合は新しい機種でログイン後、新規に購入しなおせば良いのです。

注意したいのはログイン以外のポイントボーナスはOSが変わると引き継がれないことです。

OSごとに決済システムが異なるため、ポイントがあまりそうなら早めに使いきるなど工夫も必要になります。

決済システムが異なる関係上、全てのデータが引き継がれるわけでは無いのです。

変更前に知っておくべき注意点

機種変更する際にペアーズのデータを引き継ぐ方法

ペアーズのデータは特に工夫をしなくてもログイン情報さえ共通していれば引き継げるようになっています。

ただし、電話番号をログイン方法にしていて電話番号自体が変更になる場合はデータが引き継げない仕組みになっています。

これはSMS認証ができなくなるためで、アカウント自体を作りなおさなければならないのです。

電話番号自体を変更する場合は有料契約を全て解約し、退会するのが基本になります。

また、OSを変更する場合は有料ポイントが引き継がれないため事前に使いきっておく必要があります。

電話番号が変わってしまうとアカウント自体が使えなくなってしまう

SMS認証を利用して電話番号を変更した場合、データの引継ぎ自体ができなくなります。

これは本人確認の手段がSMSの状態で電話番号が通じなくなってしまうためで、番号を変更するとSMS認証自体ができなくなるためです。

公式ページにもSMS認証で電話番号が変わった場合はデータの引継ぎができず、改めて登録が必要なことが書かれています。

機種変更の際にMNP(ナンバーポータビリティ)を申しいれて電話番号を引き継げば利用が続けられますが、新規の電話番号だと使えなくなってしまうのです。

ペアーズは最初にSMS認証を利用するとその後SMS認証以外に変更することができない仕組みになっているため、電話番号変更の際は注意が必要です。

電話番号の変更が避けられない場合はポイントを使いきって新しいアカウントにすることを宣言しておくなど、工夫が必要になります。

購入したポイントはOS間で引き継がれない仕組みになっている

ペアーズのデータはOSを変更しても引き継がれますが、決済システムの関係上有料ポイントは引き継がれない仕組みになっています。

ログインボーナスなどの無料ポイントは引き継がれるものの、購入したポイントは同じOS内でしか使えないのです。

OSを変更すると決済するプラットフォーム自体が変わってしまうためヒモ付けが切れてしまうのです。

そのため、有料のポイントや特典があまっている場合は機種変更前に使いきってしまうのがおすすめになります。

アカウントの情報自体は持ち越せるため、メッセージやいいねのデータ自体は引き継ぐことができます。

ポイントがあまっている場合は実際にコミュニケーションに利用して消費しておけば無駄を防げるのです。

また、OS自体を変更するか迷っている場合は、OSの変更によってデータが引き継ぎできないアプリがあることも意識するのがおすすめです。

OSを変えても月額の課金データ自体は引き継がれる

ペアーズの月額の課金データ自体は引き継がれるため、契約を続ける場合は新しい決済方法に切り替えることも大切です。

PCの利用がメインでクレジットカード決済などを利用し、アプリをサブ的に使っている場合は問題がありませんが、アプリのみの利用の場合は注意が必要なのです。

切り替えを忘れると、どんな方法で決済をしていたか自体を忘れて支払いトラブルになる可能性もでてきます。

機種変更をしてもgoogleやAppleといったそれぞれのIDでサービスを購入し続ける場合は問題ないものの、混乱の元になりやすいのです。

有料ポイントなどの購入はOSごとになるのもポイントで統一性が無いと混乱の元になります。

多少面倒に思えてもOS切り替えの際の重要な手続きになるため忘れずに切り替えておくのがおすすめです。