Facebookを通じて知り合いにバレる?身バレを回避する方法

Pairs(ペアーズ)を利用していることがFacebookを通じて知り合いにバレる?身バレを回避する方法

Facebookのシステムを利用して登録を行うペアーズでは、簡単に身バレしてしまうのではと心配している方もいるでしょう。

本人確認という意味では安心ですが、リアルな友人に知られるのは嫌だという人もいますよね。

基本的にはfacebookの友達にペアーズでは知り合わないようになっていますが、実は例外もあります。

安心してペアーズを利用するために、facebookの情報がどのように使われているのかを知っておきましょう。

特に、身の回りにペアーズを使っている人が多い場合は、マッチングの可能性が高くなってしまいます。その中で身バレしたくないのであれば対策は必須と言えるでしょう。

この記事では、facebookとペアーズの連携の仕組みとどうすれば友達に身バレせず使用できるかをご紹介します。

Pairs(ペアーズ)はfacebookの友達とはマッチングしない

Pairsはfacebookの友達とはマッチングしない

実はペアーズでは、facebookで友達になっているユーザーは基本的に表示されないようになっています。

お互いに候補リストに表示されなければ、ペアーズ上でうっかり友達とマッチングすることはありません。

ところが、この仕組みには1つ覚えておかなくてはいけないことがあります。

それは、facebookの友達リストは常に同期されるのではないということです。

もし、ペアーズに登録してから一度も同期を更新していなかった場合、新しく友達になった人が表示される可能性があります。

もちろん相手が更新していれば表示されることはありませんが、自衛するに越したことはありませんよね。

気まずい空気になるのを避けるためにも、facebookに変動があったらこまめに更新するようにしましょう。

連携によって使われる情報は少ない

そもそもペアーズでfacebookと連携しても、勝手に投稿されたり写真を使われたりすることはありません。ペアーズのサービスに紐づけられるのは友達リストと生年月日です。

ペアーズでいいねをした相手にfacebook上で通知が行くこともありませんし、友達かも?に表示されることもありません。

また、facebookとの連携状態も他のユーザーには一切表示されません。

もし相手からfacebookに登録しているか聞かれた際は、自分にとって都合の良い答え方をしても全く問題ないのです。

友達の友達とはマッチングする可能性がある

facebookの友達とマッチングしない仕組みはこれで解明されました。ですがもう一つ注意したいのが、友達の友達とのマッチングです。

あくまで直接的な繋がりがない以上、facebook連携では友達の友達をマッチングから弾くことができません。

第一全ての友達の友達をブロックしてしまえば、マッチング候補の表示数が激減してしまうことも考えられます。

ペアーズで知り合ってから何気なく自分のfacebookを見たら、友達かも?に相手が表示されていたという状況も有り得ない話ではありません。

もしも徹底的にペアーズの利用を隠したいのであれば、自分とコミュニティや地域がやや離れた相手を探す方が安全です。

やり取りを始める前に相手を知る

やり取りを始める前に相手を知る

ペアーズで気になる人を見つけたら、まずは相手のプロフィールを熟読しましょう。検索条件にも入っている年齢、職業、学歴、居住地は相手と自分の共通点を探しやすい項目です。

いいねを押すと相手に通知がいってしまうため、万全を期すのであれば一旦スクリーンショットを撮るなどしておきましょう。

恋人に内緒で使っているなどの事情があるときは、相手とのやり取りを始める前に相手をチェックするのが大切です。

もしお互いに近い地域の大学生だったり、職場が近そうなら要注意。これからご紹介するチェックポイントを抑えて身近なコミュニティに相手がいるかどうか確かめましょう。

特に周囲の目があってペアーズの利用を隠したい場合は用心に越したことはありません。

話を進めて会ってみたら彼女の友達だった、なんてことのないように、常日頃からトラブルを避ける工夫をしておきましょう。

アップしている写真の背景を見る

大学生でも社会人でも、ご飯の写真を上げていたらチェックチャンスです。背景や食器など見覚えがないかをよく見てみましょう。

大学の食堂であればメニューも見覚えのあるものでしょうし、近くのレストランでもテーブルなどに特徴が出ます。

窓越しに外の風景が写っていれば、特定できる可能性はさらに上がります。辺りの雰囲気や街並みに見覚えがなければそのままいいねを押しましょう。

少しでも引っかかる部分があれば一旦そのお相手は保留するのがベターです。

また、あまりオススメはしませんが、どう考えても知り合いだとわかったら先にブロックしてしまうのも一つの手です。

しかし、一度したブロックは解除できないため、よく考えてから実行してください。

足あとは残さない設定を使い分けて

いいねを押さなくても相手のプロフィールページへの足あとは残ってしまいます。そこから逆に辿られた場合、相手が知り合いなら当然あなたの身バレの可能性があります。

そこで活用したいのが足あとを残さないようにする設定です。

この設定は毎日リセットされるので、足あとを付けずに閲覧する日と狙いたい相手にアピールする日を分けると良いでしょう。

月額2,480円のプライベートモードを使えば、いいねやマッチング済の相手以外には足あとがつかなくなります。

毎日設定を変更するのが面倒な方はこちらを使うのがオススメです。

オススメの記事
プライベートモードは少々料金が高いですが、興味を持っている相手とのみやり取りをしたい方にはうってつけの機能です。

機能や注意点についてまとめていますので、是非下記の記事をご覧ください。

 

>> プライベートモードの機能や注意点

確実に身バレを防ぐためにしておくべきこと

確実に身バレを防ぐためにしておくべきこと

ここまでは自分の側から相手を探す際に注意すべき点をご紹介しましたが、恋人を探しているのはあなただけではありません。

知り合いの誰かがうっかりあなたを見つけてしまわないよう、自分のプロフィールページにも注意が必要です。

どれだけこちらが気をつけていても人から身バレしてしまっては意味がありません。

あまり疑いすぎるのも良くありませんが、相手の顔が見えないネットではどんな人があなたのプロフィールを見ているのかわかりません。

彼女や後輩の友達など一方的にあなたの顔を知っていることすらあり得ます。

絶対に身バレしたくないのなら、こちらから把握できない相手もいることを考えてfacebookとペアーズで情報の被る部分をなくしていきましょう。

facebookと同じ写真を使わない

当たり前のことと思うかもしれませんが、facebookを公開アカウントにしているときは同じ写真を上げないようにしましょう。

プロフィール画像はもちろんのこと、ヘッダーやタイムライン、アルバムの写真も簡単に画像検索にヒットしてしまいます。

もし相手があなたに興味を持って検索した場合、一気にあなたの普段の生活まで見られてしまう可能性があるのです。

これはtwitterやinstagramなどオープンなSNSでも同じことです。誰にも身バレしたくなければペアーズにはペアーズだけで使う写真を用意しましょう。

どんなに自慢したい場所や食事も、他の公開アカウントに書いた内容は数日空けて投稿するとより安全です。

本名を表示しないようにする

これもまた当然ですが、ペアーズはニックネームで登録しましょう。普段の生活の様子や顔写真をよく載せる方は特に注意が必要です。

いつも呼ばれているような本名を推測しやすいニックネームは避け、適当でもいいので名前と関係のないものを使いましょう。

そんなつもりはなくても本名でネット検索され、facebookが見つかってしまうこともありえます。

身バレを防ぐためにも、多少面倒でも自分につながる情報の管理はしっかり行いましょう。