Pairs(ペアーズ)の口コミ評判|料金やオススメの使い方を徹底調査!

ペアーズで離婚歴を隠すのはデメリット!離婚歴がある男性が出会いを見つけるコツ

ペアーズで離婚歴を隠すのはデメリット!離婚歴がある男性が出会いを見つけるコツ

ペアーズはプロフィールの情報などから話しかけて貰える確率が変わるため、離婚歴を隠した方がいいと考える人もいます。

しかし、離婚歴があることを隠すのはデメリットになり、場合によっては重要な情報を隠していたとして通報される恐れなどもあります。

離婚歴の有り無しが恋愛に影響を与えることもあるため、隠すことで感情的になる人間がいることにも理解が必要です。

離婚歴があることが完全にマイナスになるわけではないのもポイントで、離婚歴がある男性も工夫をすれば出会いを見つけることができるのです。

ペアーズで離婚歴を隠すデメリット

ペアーズで離婚歴を隠すデメリット

ペアーズは結婚歴を記入できる欄があり、正直に答えることも、嘘を記入することもできます。

ただし、嘘を記入すればそのままトラブルになる可能性があり、悪質性がある場合は通報などのリスクを負うことになります。

もちろん、隠すことでモテやすくなるというメリットもあるのですが、真剣な出会いを求める人が多いペアーズのような媒体ではデメリットの方が勝ってしまうのです。

情報を空欄にしてい提示しないという方法もありますが、わざわざ空欄にすればそれだけ目立ってしまいます。

隠そうとすればかえって目立つことも意識する必要があるのです。

虚偽の申告は不信感の元になり通報リスクにも繋がる

ペアーズで離婚暦を隠すこと自体は可能で、嘘の情報を入力することもできます。

ただし、嘘の情報を入力するということは規約に反する行為になり、ペナルティを受ける確率も高まります。

たとえば、付き合うことになった女性がいて、離婚歴があることがバレたとします。

女性が通報することで会員資格を剥奪され、二度と使えなくなるといったことも発生しえるのです。

また、一つ嘘をつけば他に嘘をついていないか疑われるきっかけにもなります。

不信感が根付くきっかけになることもあり、デメリットが強くでてしまうのです。

浮け入れてくれる女性が出てくる可能性もありますが、それであれば最初から隠さない方がミスマッチを防げます。

ペアーズでは離婚歴を隠すのはマイナスになりやすいのです。

ネガティブな情報であっても正直に開示できる人間と評価される場合もあるため、まず離婚歴は隠さないことは重要になるのです。

離婚歴があった男性の方がモテる場合がある

離婚歴がある男性と、離婚歴のない男性では離婚歴がない男性の方がモテる傾向があります。

しかし、離婚歴がない男性の方が一方的にもてるわけではありません。

これは、離婚の苦労を知っている女性から離婚歴のある男性にアプローチがあることは珍しくなく、恋愛や結婚の苦労を知っているからこそ距離が縮まることがあるためです。

夫婦生活の仲で離婚を選択する男女は珍しくなく、死別も含めてさまざまなドラマがあります。

離婚がイコールでマイナスイメージになるとは限らず、同じ離婚歴がある男女同士で結婚が成立することもそれほど珍しく無いのです。

離婚歴があることを公表すること自体がデメリットと考えるのは早計で、実際のメリットとデメリットは更に細かく分ける必要があります。

離婚がコンプレックスになっていないかはチェック

離婚の情報を隠したがる人は離婚がコンプレックスになっていることが多くなっています。

人間はネガティブな情報ほど隠したり誤魔化そうとしたりするため、なぜ離婚したのかまで向き合わないと周囲にまでマイナス印象を与えることがあるのです。

一方で、離婚という事実を受け止めた人は後に引きずることが少なくなります。

これは自分の不出来な部分と、相手の問題とを切り分けられていることが多く、冷静に受け止められる場合が多いからです。

離婚は一方的に相手が原因になることは珍しく、相手の問題が大きくても恋人選びなどから慎重になればトラブルが防げる場合も多くなります。

離婚を経験した方が人間的に成長しているケースもあるため、その長所をみてくれる人を探すのも方法なのです。

隠そうとする場合はトラウマなど残っている場合もあるため、相手に押し付ける形で発散しないように工夫する必要があります。

離婚歴がある男性がペアーズで出会いを見つけるコツ

離婚歴がある男性がペアーズで出会いを見つけるコツ

離婚の有り無しは相手探しに大きな影響を与え、特に若い女性からはモテにくくなります。

これは離婚という情報をネガティブな情報と捉えがちだからで、恋愛の経験が少ない人ほどマイナスイメージになりやすく、会話の成立が難しくなると認識した方がいいのです。

一方で、年齢を重ねた女性は離婚に対して理解がある女性が増えます。

女性側に離婚経験がある人が増えるのもポイントで、離婚歴がある男性ほど年齢層が高い女性や、同年代に近い女性を探した方がマッチング率が上がるのです。

自分の好みで若い女性を探すとなると厳しくなる点に注意が必要です。

若い女性を口説こうとするほど厳しい状況に陥りやすい

ペアーズの利用男性でよくあるミスが、年齢が若すぎる女性にアプローチしてしまうことです。

若い女性の方が好きという男性は多いものの、女性から自分が魅力的に見えるかは別になります。

特に離婚歴がある男性の場合はマイナスの印象が強くなります。

これは恋愛や結婚に失敗した男性という先入観を持たれてしまうからです。

若い女性は恋愛の困難なども情熱などで乗り切れると思っているケースも珍しくなく、実際に起こるトラブルなどを想定していない場合があります。

理想が高い分離婚に対するマイナスイメージが強い場合があるため、自分よりも若い女性しか口説かないなど極端な行動はマイナスになりやすいのです。

もちろん、若くても理解がある女性も存在しますが、競争が激しいためまず自分磨きなどを優先しないと出会いに続けるのは困難になります。

恋愛である程度苦労した女性を狙うのがコツ

最もわかりやすくマッチング率を高める方法が、離婚歴のある女性を狙うことです。

離婚歴がある女性は恋愛や結婚の現実を知っていることが多く、離婚歴がある相手をマイナスに見ない傾向があります。

また、誠実に話せば話は聞いてくれるということが多いのもポイントで、離婚に偏見があって話自体を聞いてもらえないという確立が減ります。

離婚歴を明記していない女性を狙うのも方法です。

男性と女性では日々アプローチされる数が異なるため、結婚歴などを空白にしていてもある程度アプローチが届きます。

競争率が低そうな相手を優先するのも含め、積極的にアタックするのも方法なのです。

積極的にアタックするといっても距離感は重要で、趣味などの話から外堀を埋め、連絡先交換やデートを目指すのが基本になってきます。

メッセージにはこまめに返信をすることが大切

ペアーズに慣れない男性でありがちなのが、駆け引きを持ち込もうとすることです。

慣れない男性が駆け引きを持ち込もうとしてもマイナスになります。

メッセージがきたらすぐに返信がするなどスピードを優先した方が良く、焦らした方が良いなどとは考えない方がいいのです。

焦らすテクニックが使えるのは焦らしても反応してくれるほど女性が多い人間に限ります。

そのためまずは返信を早くすることを意識した方がいいのです。

また、相手からメッセージが来ないと思う場合は自分からアプローチする積極性も重要です。

自分の趣味や性格の押し付けにならないように工夫をすることも大切で、軽く趣味や自己紹介情報を挟んだ挨拶からやりとりをする人もいます。

また、コミュニティ経由で気が合いそうな女性を探してからアプローチする人もいます。

共通の話題があるかはその後の関係性がどう発展するかに大きく影響するため、コミュニティ中心で相手を探す男性も多いのです。

関係が深くなってからであれば離婚歴が気にならないケースもでてきます。