Pairs(ペアーズ)の口コミ評判|料金やオススメの使い方を徹底調査!

Pairs(ペアーズ)で返信が来ないのはなぜ?女性が嫌がるメッセージの特徴について

Pairs(ペアーズ)で返信が来ないのはなぜ?女性が嫌がるメッセージの特徴について

ペアーズを利用していて、女性にメッセージを送ったものの返信がないことがあります。

何名かに1人は返信がないのであれば理解できますが、あまりに返信がないことが多いとなると送っている内容に問題があるのかもしれません。

ペアーズは基本的に女性は無料で利用することができます。

もちろんメッセージも無料で利用できますから、返信をするために何か弊害があるというわけでもないのです。

最初のメッセージキャプチャ

女性からメッセージがくることも全然ある

ですから返信がないとなると、送っているメッセージに問題があるというケースが多いのです。そこで女性が嫌がるメッセージの特徴を紹介していきます。

これから紹介することに気をつけていくと返信率も高くなりやすいので、自分と照らし合わせてきましょう。

女性が嫌がる典型!性的なことを匂わすメッセージ

女性が嫌がる典型!性的なことを匂わすメッセージ

性的なことを匂わすようなメッセージは女性が嫌がる典型的な例です。男性からすると冗談のつもりでも、女性はその辺りはシビアな目で見ることが多いのです。

男性は下ネタをその場を盛り上げる方法として使うこともありますが、多くの女性にそんな感覚はありません。

慣れている間柄ならまだしも、まだ実際にはあったことがなくペアーズでメッセージを送るような関係ならまだ早いのです。

女性は1つ気になることがあると急に冷めることがありますから、下ネタのような話題はできるだけ避けていきましょう。

冗談のつもりでもそれでメッセージが返ってこないのはもったいないので、控えるのが無難です。

ですが中には下ネタのつもりではなくても、相手にとっては不快に感じてしまうこともありますから注意が必要です。
では具体的に紹介していきます。

スリーサイズや体形などを聞く

「どんな雰囲気の人かな?」と思って体形などを聞くこともあります。ですが男性から女性にそれを聞くことは、人によっては不快に感じます。

というのも、体形を前もって聞かれるのは「品定め」されている感覚がするからです。スリーサイズは嫌がる人も多いですし、聞いただけで拒否反応を示す女性も多いのです。

まずは体形やスリーサイズなど外見的な要素を聞くことは止めて、中身を知るようにしていきましょう。

「女性の外見を最初に気にする男性」というのは、女性からみると印象がよくありません。

今までの経験人数などをいきなり聞く

メッセージの流れで今までの経験人数を聞くこともあります。ですが、それは女性発信のときだけ相手にも聞くようにしていきましょう。

女性はそういった会話は普段からあまりしません。特に経験人数などは隠したいと考えていることも多いですから、そんなことを聞かれると嫌な感情になることがあります。

聞いたところで正直に答える女性の方が少ないですから、聞く意味もないかもしれません。

どんな恋愛をしてきたのか聞きたいのであれば、経験人数などではなく、「どんな恋愛をしてきたの?」とそのまま聞く方が好印象になります。

女性は自分にプライバシーを守りたがるので、あまり急に距離を縮めるような質問は止めておきましょう。

嫌がる女性はすごく多い!自分のことばかりのメッセージ

嫌がる女性はすごく多い!自分のことばかりのメッセージ

ペアーズで女性にメッセージを送るとき、自分のことばかりになると女性には嫌がられやすいです。

確かに自分を知ってもらうためには自分で伝えるしかないのですが、女性は相手のことを聞くよりも自分のことを話したい人が多いのです。

もちろん個人差はありますが、多くの女性がそうなのです。女性は自分の話を聞いてもらうことで安心感を得ることができる人が多いため、自分ばかりにならないようにしましょう。

もともと女性は話すことやコミュニケーションを取ることが好きです。

ですがそれは自分のことを話したいというのがメインなので、男性の方が「自分ばかり」になると楽しくなくなるのです。

中でも特に男性がやってしまいがちなNG例を紹介していきます。

悩みやグチばかりの内容

どんなメッセージを送っていいのか分からず、つい悩みなどのグチっぽいメッセージを送ってしまう男性は多いです。

ですがそれは女性によって楽しくはなく、相手のペースに合わせないといけなくなるので退屈に感じやすいです。

もちろんたまになら良いのですが、メッセージがグチ中心は良くありません。

女性は感受性が強い人も多いですし、悩みを聞いてばかりいると暗い気持ちになってしまうこともあるのです。

そのためグチなどネガティブな内容はできるだけ避け、相手を楽しませることを考えるようにしましょう。

日記のような内容

例えば「今日は1人で〇〇に行き、それから〇〇をして、それで…」という日記のような内容のメッセージが届くと、女性もどう返していいのか分からなくなります。

適度に質問が入っていると返信しやすいのですが、1人で日記を書いているような文は返す内容が思いつかずそのまま忘れてしまうこともあります。

「後で返信しよう」と考えていてもそのまま放置してしまうこともあるので、返信しやすいメッセージを送ることも大事です。

例えば「〇〇へ行ったんだけど、〇〇とか行くことある?」など、工夫してメッセージを作ると返信が返ってきやすくなります。

なんとなく怖くなる!プライベートな質問が多いメッセージ

なんとなく怖くなる!プライベートな質問が多いメッセージ

女性は男性と比べるとプライベートなことは隠したがります。それはやはり女性なので、自分の身は守らなければいけませんから納得できますよね。

しかもペアーズはネット上の付き合いになりますから、特にプライベートなことは隠したいという傾向が強くなります。

仕事は何をしているのかくらいは大丈夫ですが、職場の場所を聞いたり、自宅の場所を聞いたりなどは嫌がられることになります。

男性も悪気があって聞いているわけではなく、「近いかどうか」を知りたくて聞く場合もありますよね。

しかし女性からすると何となく恐怖を感じるので、プライベートにグイグイ迫るのは止めておいた方が無難です。

女性を怖がらせてしまうことになるので、場所を聞くにしても大雑把に聞くようにしましょう。

では男性がやってしまいがちな具体例を紹介していきます。

特定の店の名前を出して質問する

ペアーズはある程度地域を検索して相手探しをすることができます。ですから大まかな地域はお互いに分かっています。

しかし、その範囲の中で「〇〇には行くことある?」「〇〇からは近い?」「〇〇には何曜日に行くの?」など、具体的に聞く男性もいます。

1つの質問だけならまだ良いですが、あれもこれも聞かれると女性は恐怖を感じやすくなります。

女性から聞いてきた場合は問題ないですが、あまりお互いのことが分かっていない状態なら拒否されて当然かもしれません。

悪気がなくても怖くなって返信しないということもあるので、できるだけ男性からは特定の店の名前を出すことは控えましょう。

とにかく質問が多い

質問すること自体は全く悪いことではありません。むしろ質問されると女性は喜びやすいです。

ですが問題なのは質問の量です。あまりに質問の量が多くなると、急に怖さを感じて返信をしなくなることもあります。

例えば1つのメッセージで「休みの日は何してるの?」「明日は何するの?」「好きな食べ物は?」「ペット飼ってる?」などです。

一度に多く質問されると答えるのも面倒ですし、相手には恐怖を与えることになります。男性は効率を考えるので気に効きたいことを聞こうとすることがあります。

ですが女性は順序や共感を大事にするので、こういった質問責めは嫌がられることが多いのです。

オススメの記事
ここまで読んでみて、こんなメッセージ送ってない!という方もいると思います。
以下のページでは、女性が「いいね」を送りたくなるメッセージの例などを掲載していますので、興味がある方は是非ご覧になってみてください。

 

>> 女性に好印象なメッセージの例