ブロックされたかどうかってどうやって確認するの?ブロックされる男性にはある特徴があった!

Pairs(ペアーズ)でブロックされたかどうかを確認する方法!ブロックされる男性の特徴とは?

ペアーズを利用してみると、「恋人を作るぞ」という意気込みとは裏腹に、アプローチしている相手からブロックされてしまった苦い経験を持つ方は少なくありません。

この場合は明確に「ブロックされています」というようなメッセージが出るわけではないので、一般的な使用方法だとブロックされても気付かないケースも多いでしょう。

この記事では、ペアーズを利用中にブロックされた場合はどうなるのか、そして、その確認方法、ブロックされやすい男性の特徴を紹介していきます。

ブロックされたらどうなるの?

ブロックされたらどうなるの?

ペアーズでは手軽な設定でブロックを利用できるが魅力です。

女性側としては、多数の男性にメッセージを送信されるケースも有り、そのような時には状況整理のために、ブロック機能を使うこともあります。

もちろん、相手方の態度が不快であったりする場合にも、利用されるでしょう。

使いたい時には、ボタン一つで設定できてしまい、しかも、相手には分かりにくいのがペアーズのブロックの魅力的なところ。

もしもブロックされた場合には、ある異変には気付くと思うのですが、それが相手が退会している場合にも生じるものなので、見分けがつかず気軽に利用しやすいのです。

いきなり表示が消える

ブロックされたら、相手の顔写真やプロフィールは見えなくなってしまいます。

加えて、すでに連絡を取り合っている相手であった場合、メッセージが消去されてしまい、送信することもできなくなります。

お気に入りに登録することもできません。検索結果にも表示されず、あしあとも消えてしまいます。

結果的に連絡を取る手段は当然として、相手の情報を入手することも不可能になってしまうわけです。

二度と解除はされない

システム上、ペアーズでブロック機能を使用すると、解除することは不可能です。

つまり、設定した場合は、後から再びやりとりをしたいと考え直したとしても、それはできない設計となっています。

したがって、「いつか解除されるかも」というような期待は、持つことができません。早めに次の相手を探したほうが、効率的と考えられます。

ブロックされたかどうかを見極めるには

ブロックされたかどうかを見極めるには

ペアーズでブロックされた場合には、上記のような現象が生じてきます。

ただし、これは退会した場合にも同じことが生じますので、見分けがつかないのが一般的です。相手が退会した場合にも、顔写真も表示されませんし、メッセージも送れないわけです。

ペアーズでは退会とブロックの違いがありませんから、ブロックを見分けるには、ちょっとしたテクニックを利用することが欠かせません。

以前でしたら、「退会者の表示」という機能を使って、手軽に確かめることが可能でした。

しかし、現在は当該機能は内容が変更されており、ブロックしてきた相手も「退会済み」と表示されるようになっています。

これによって全く見分けがつかなくなってしまったので、ブロックされたことが疑わしい場合には、下記の方法でなければ、確認することはできません。

新規にアカウントを作って確認する

別アカウントを作ってログインすれば、相手がブロックしているだけか、本当に退会しているのかを見極められます。

別アカウントでしたら、もしも、相手が退会していないならば、顔写真やプロフィールを確認することが可能です。

別アカウントの作成が面倒な場合は、ペアーズを使っている友人・知人に頼んで確認することもできます。

しかし別アカウントはおすすめできません

別アカウントでログインし、ブロックしている相手を見つけたとしても、そこから先の進展は見込めません。

一度はブロックしてきた相手ですから、やはり、相性の面では良いとは言えないかと考えられます。相手の性格的にも、そういうドライな部分があるのかも。

どちらかと言えば、ブロックの原因を考えつつ、新しい恋を探しに行ったほうが、素敵な相手を見つけられるのではないでしょうか。

ブロックされやすい男性の特徴とは?

ブロックされやすい男性の特徴とは?

ブロックされた場合にはどうなるのかをチェックしてきました。

ブロックされるのは誰にとっても愉快なものではありませんから、ここからは、そうされないための対策について、考えていくことにしましょう。

ブロックされてしまう男性には、一定の傾向が見られます。

もちろん、女性の方が高望みしすぎていたり、余りにも多数の男性からメッセージを受け取った影響でブロックすることもあるでしょう。

しかし、そうではない場合には、男性サイドのちょっとした失敗でブロックされている可能性が考えられます。

例えば、自身が熱烈にアプローチしているのが度を越して、相手が引き気味になってしまった、というようなすれ違いも原因となりえるはずです。

マッチングアプリを使用する際には、ポイントを押さえることですれ違いを軽減できますので、具体的にチェックしていきましょう。

プロフィール写真が良くない

外見だけが人間の魅力ではありませんが、それでも重要要素であることにかわりはありません。ここで重要なのがプロフィールの顔写真ですが、これにはできるだけ気を使いましょう。

写真は撮影方法によって、大きく人の印象を変えてしまうものです。たっぷりの光の中で撮影し、表情も自然な笑顔を作ると、好印象な一枚が撮影できます。

逆に、ムスッとした顔で薄暗い室内で撮影したような場合は、良くないイメージの写真になりやすいです。場合によっては、撮影スタジオを利用してみるのも悪くないでしょう。

条件が合わなかった

こればかりは人それぞれの価値観ですから仕方ありませんが、収入面や将来設計などの点で、条件が合わなかった場合にはブロックの対象になりえます。

女性の中には、どうしても一定の職業や収入を希望するケースは少なくありません。また、お互いの家族感を見ても、男性側の意向とは異なる点が多かったりもします。

この点では、無理に自身の考えを曲げたり、嘘をついて相手をキープしても、最終的には破綻が見えているのではないでしょうか。

相手に対して譲歩することも大切ですが、そればかりになると疲れてしまうので、意見の相違はある程度は仕方ないものと割り切るのが、一つの手段かも知れません。

あしあとを付けすぎた

恋愛には、ある程度は積極性も必要とされていますが、手加減無用で猛プッシュすると相手は逃げてしまう可能性も高いものです。

自身では好意をもってした行動でも、相手には上手く伝わらないこともあるのです。

例えば、相手にびっしりとあしあとを付けたような場合は、やはり、ブロックされることがあります。

あまり執拗に、このようなアプローチを取ってしまうと、相手からすれば恐怖の対象にもなり得るので気をつけたい点です。

メッセージのやり取りで恋愛対象外になった

マッチング中で、お互いにメッセージのやり取りを楽しんでいる最中、突然にブロックされることもあります。

話をしてみて「合わない」と感じた場合もあるはずですが、もしかしたら余計な一言があったのかも知れません。

直に会話するのではなく、文面でコミュニケーションを取ろうとすると、何気ないフレーズが、良くない意味で相手の心に突き刺さることがしばしばあります。

デリカシーのない表現にならないよう、気をつけたほうが良いでしょう。

他にも、一方的にメッセージを送りすぎたとか、逆に、送るのが少なすぎた場合にも、良くありません。

この辺りは相手の感覚との兼ね合いもあるので、ベストな方法はないものです。すぐに返事するだけではなく、わざとメッセージを遅らせるなど、色々と試してみても良いでしょう。