Pairs(ペアーズ)の口コミ評判|料金やオススメの使い方を徹底調査!

「解約」と「退会」は違うって知ってた?ペアーズの利用を辞めるなら絶対知っておこう!

Pairs(ペアーズ)の解約方法|解約の際に注意するべきポイント

ペアーズをすでに利用されている方の中には、「いい出会いが見つかった」などの理由から、ペアーズを解約したいと思っている方も多いと思います。

こちらでは、ペアーズの解約方法がいまいちよくわからないという方へその方法を解説します。

無料で利用している方はもちろんのこと、決済情報を登録して月額料金を支払いながら利用している有料会員の方にとって、利用していないのに料金だけ徴収されるというのはいち早く回避したいことでしょう。

ペアーズを解約するためには、一体どのような手順を採る必要があるのでしょうか。そして、ペアーズを解約する際にはどういった点に注意しておくべきなのでしょうか?

Pairs(ペアーズ)を退会したいなら

Pairsを退会したいなら

当然ながら、会員制度を導入しているペアーズを退会するためには、全く利用せず放置しておけば良いというわけではなく、規約に基づいた所定の退会手続きを取る必要があります。

この手続きを行わずアプリを削除したりするだけでは、利用されていた会員情報が残ったままになってしまうので、いらぬ誤解を被ってしまう危険性も。

様々な理由からペアーズをもう利用する必要がないのであれば、必ず所定の退会手続きを行うようにしましょう。

では、実際にペアーズを退会する際に求められる手続きの手順についてチェックしてみましょう。

Pairs(ペアーズ)の退会する際の手順

iPhoneやAndroid、あるいはパソコンなどを使ってアクセスしていた場合に限らず、ペアーズの公式お問い合わせフォーム(https://pairs.lv/#/inquiry)より退会の旨を申請します。

様々な注意事項や確認が行われた後、最終的に「退会する」というボタンが表示されるので、それを押すことで退会処理が受理されます。

このボタンが表示されるまでの間、既に購入し所有しているポイントについての注意事項や退会後の再入会に関する規制など様々な注意事項がすべて表示されるので、しっかりと熟読した上で退会をするか決定するようにしましょう。

よく犯しがちなミスとして、お使いのスマホからペアーズのアプリを削除あるいはアンインストールする点があります。

アプリの削除だけでは退会処理とはみなされませんので注意しましょう。

Pairs(ペアーズ)解約時に注意すべきポイント

Pairs解約時に注意すべきポイント

ペアーズを退会する際には、上述した所定の退会手続きを行うことによって初めて、退会が可能です。

ところが、ペアーズの退会処理を最終的に終えるためには、事前にいくつかの手続きを行う必要があり、これが原因となって「ペアーズを退会したいのに、退会処理の手続きができない」といった悩みを抱えるユーザーの方が少なくありません。

実は、ペアーズの規約では、サービスの利用停止に関するキーワードとして「解約」「退会」という2つの言葉が用いられています。

これら2つのワードについて全く違った取扱が行われており、これに気づかず安易に利用停止の処理を行ってしまうと、後日、思わぬトラブルに見舞われる危険性もあります。

では、ペアーズを退会する際にはどのような点に注意すべきなのでしょうか?いくつかの項目についてチェックしてみまっした。

解約と退会の違い

ペアーズでは規約上、所定の費用を支払って有料会員から通常の無料会員に変わることを「解約」と表記し、ペアーズに関する全ての個人情報を削除し会員登録自体を抹消する行為を「退会」と表記しています。

解約:有料会員から無料会員に変更すること

退会:会員登録自体を抹消

一般的には、退会も解約も同じ意味で捉えがちですが、ペアーズではこうした違いが設けられているので、解約したからといって会員情報がすべて抹消されるわけではないという点について注意しなくてはいけません。

退会処理は解約処理が前提条件に

実際にすべての会員情報を抹消する手続きである「退会」処理を行う際には、事前に「解約」処理を実践しておく必要があります。

必ず「解約」した後に「退会」

これは、有料会員として事前に登録した決済情報を残したまま会員情報を削除してしまうミスを避けるために設けられた制度です。

これにより、サービスを利用していないのにいつまでも支払いだけが請求されるといったトラブルを回避することができます。

なので、ペアーズのサービスを停止したい方は、必ず事前に解約処理を行い登録した決済情報を削除し無料会員となってからでしか退会処理が行えないという点に注意してください。

解約した当該月の支払いの払い戻しはナシ

例えば、有料会員から無料会員への移動を行う解約処理を月のはじめ頃に行ったとします。

このとき、既に当該月に対する有料会員としての料金は徴収されていますが、日割り計算などによる払い戻しは行われない点についても注意が必要です。

あくまでも、解約という手続きは所定期間で行われる料金支払いの自動更新を中止する作業であり、既に支払った費用についてはさかのぼって変換されないということを覚えておきましょう。

ただし、既に利用料金を支払った当該月については、退会手続きを行わない限りメッセージ閲覧など有料サービスを利用することが可能です。